Microsoft 365のライセンス形態について

Word・Excel

こんにちは。
足立PCサポートデスクの折居です。

世間がテレワークをする様になり、今まで会社単位で対応出来ていた「情シス対応」が、ビジネスに対するスピード感と確実性と専門性を重視し、私の様な「町のIT屋」が代行して対応する様になってきました。

社会の変革ですね。

本日はMicrosoft 365(旧称Office 365)についての問い合わせがありました。

ストアアプリ版のOfficeを利用していたが、会社の業務システムに対応していなかった様です。

ストアアプリ版のOfficeは、そもそもタブレットでの使用を想定したOfficeとしての完全機能が無いアプリになります。

なので業務利用するには通常のPC版Office、所謂デスクトップ版のOfficeを導入する必要があります。

会社の情シスに問い合わせをしても、このテレワークの影響で問い合わせが殺到し、1人1人に確実性のある対応が出来ていない様です。

今回訪問されたお客様も、業務が停滞してしまうことを危惧し、弊所に問い合わせ頂きました。

会社や政府からの回答を待つ前に問題解決を自身で行う。

そんな人が今後は、増えてくるのではないかと思っています。

Microsoft 365の販売形態と違いについて

お客様
お客様

ネットでMicrosoft Ofiiceのサイトを見たけど、どのライセンスを購入したらいいか分からないわ。

おりい
おりい

弊所としては、お客様には常に最新の製品を利用して頂き、製品トラブルをアップデートで回避して頂きたいので、年間契約型の「Microsoft 365 Personal」をお薦めしています。

Microsoftは、Word・ExcelといったOffice製品の販売形態を近年はサブスクリプション化しています。

年間ライセンスとして購入するタイプと永続的に使用出来るタイプに別れます。

年間ライセンスは、契約期間中は最新のOffice製品を使用し続ける事が出来ること。

永続ライセンスは、煩わしい契約更新手続きが無い変わりにOffice製品を使い続ける事が出来ます。

但し、Officeのバージョンは購入した当初のままになる為、最新版へのアップデートが出来ません。

この違いが決め手となります。

インストール台数

おりい
おりい

ライセンスによって、Officeをインストール出来る端末台数も変わってきます。

年間契約型が、5台まで。
買い切り型が、2台までとなっています。

今後インストールする機器の台数が増える可能性がある方は、年間契約型のライセンスを購入する方がメリットがあります。

年間契約型である「Microsoft 365 Personal」は最近になり、インストール出来る台数が増えた様です。

以前までは2台までの制限であったので、私は個人向けのライセンスは購入せず、ビジネス用の「Microsoft 365 Apps for business(旧称Office 365 Business)」を使っていました。

もはやその垣根も無くなった様なので、今は「Microsoft 365 Personal」を選んでも十分メリットがあります。

強いていうのであれば、ビジネス用製品の方が年間あたり2000円程安いです。

でもそれだけ。

いよいよ違いが無くなってきたというのが所感です。

 

おりい
おりい

足立PCサポートデスクでは、テレワークに伴うPCトラブル対応も実施しております。

 

会社の情シスが廻ってなく、ビジネススピードを優先し、自ら問題を解決したい方からのご相談も承っています。

 

気軽にご相談下さい。


足立PCサポートデスク
折居 祐介

タイトルとURLをコピーしました